No.1ホステスでいるために必要だった【レーシック手術】体験談

ぴょり

こんにちは!ぴょり(@Py0Ri)です。

メガネを断捨離したところ、こんなリプをもらったので記事にします。

レーシック手術をした理由

わたしの職業は、ラウンジのホステスです。

No.1になってからも、他のホステスの接客を見て勉強していました。

他のホステスにあって、わたしにないもの・・・それが、来店時のリアクションです。

 

他のホステス
自分のお客さんが見えると、手を振ったりかけ寄ったり可愛くリアクションして喜ばせていました。
わたし
目が悪いため、しかめっ面&近くまで来ないと誰だかわからず、リアクションできませんでした。

 

ぴょり

わたしもあんな風にお客さんを出迎えたい!!

 

でもお店では、メガネ禁止です。

仕方なくコンタクトデビューしましたが、あまりの煩わしさに挫折し、レーシック手術を決意したというわけです。

 

レーシック手術の料金

両目で6~30万まで幅がありました。

さらに、平日割・学割・モニター割などの各種割引がありました。

片っ端からモニター応募し、当選したクリニックで手術を受けるのも手です。

 

ぴょり

¥50,000-OFF のクーポンを渡せるので、欲しい方はTwitterからDMください!

レーシック手術の流れ

レーシッククリニック

STEP.1
術前検査
そもそもレーシック手術が可能かを検査します。 視力検査や角膜の厚さを測る検査をしました。

 

眼球に風があたってびっくりする検査はありましたが、痛い検査はありませんでした。

STEP.2
レーシック手術
点眼の麻酔をし、5~10分ほど待ちます。その後自分で手術台に横になります。

 

手術は両目で15~20分程だったと思います。

 

手術中の痛みは全くありませんが、“何かされている”違和感はありました。

 

手術当日は目が見えにくくなると聞いていたので、クリニックの近くにホテルをとりました。

 

術後すぐは、目を開けるとしみるような痛みがありました。閉じてしまえば問題なかったですし、一晩で痛みはなくなりました。

STEP.3
術後検診①
手術の次の日に、2~3分で終わる診察があります。

 

帰りのバスの中で見たビル群はとても鮮明で、色が明瞭ですごく感動しました。

 

この感動は人生ベスト3に入ります!!

STEP.4
術後検診②
手術から1週間後に、もう一度診察があります。

 

これも2~3分で終わります。

 

術前、右0.7 左0.6 だった視力は・・・

 

右1.2
左1.0

まで回復しました。

 

レーシック手術の痛み

レーシック手術の流れに書いたように、わたしは終始ほとんど無痛で終わりました。

しかし、クリニックには「痛み対策オプション¥20,000-」なるものがありました。

内容はこれです。

  • 痛み止め(内服薬)
  • 痛み止め(点眼薬)

痛みに弱いので迷っていると・・・

 

女性ならまず必要ないです。

看護師

とのことで、このオプションは付けませんでした。

 

クリニックの看護師曰く、「痛がるのは男性が多い」とのことでした。

 

レーシック手術のデメリット

目の不調

わたしの場合、術後しばらくドライアイとまぶしさがありました。

ドライアイは1か月程で気にならなくなりましたが、まぶしさは今でも感じます。

 

メガネ萌えなお客さんから不評

同伴やアフターでのメガネ姿はお客さんに好評だったので、一部のお客さんからは残念がられています。

レーシック手術のメリット

なんと言っても、メガネ・コンタクトが不要になることです。

ツイートの写真でもわかるように、以前は度の違うメガネ3種を使い分けていました。

それがゼロになるなんて・・・おおげさじゃなく、生活の質が変わります。

 

また、朝起きたときの世界が全く違うし、遠くからでもお客さんを判別することができるようになりました。

 

レーシック手術のその後

レーシック手術を受けてから、8年が経ちました。

現在のわたしはというと・・・

 

なんと、メガネユーザーです!!!

 

というのも、こうしてブログを書くようになって目を酷使しているので、ブルーライトをカットするメガネを使っているんです。

 

 

このメガネを使っているおかげか、レーシック手術から8年経った今でも、視力は両目1.0を保っていますよ。

 

笑顔でお客さんを出迎えられるようにもなりました♪

 

レーシック手術まとめ

  • 人生変わる
  • 女性は痛みに強い
  • 結局メガネ人生

ぴょり

¥50,000-OFF のクーポンを渡せるので、欲しい方はTwitterからDMください!