通信制大学を6年かけて卒業した話【働きながら卒業するのは可能です】

ぴょり

こんにちは!
ぴょり(@Py0Ri)です。

大卒の資格が欲しい、教員免許が欲しい・・・

様々な理由で通信制大学を選ぶ人が増えています。

しかし通信制大学は、入学は簡単・卒業は難しいと言われています。

働きながら通信制大学を卒業

働きながら通信制大学を卒業するポイントは、大学選びと単位取得方法です。

私自身・・・

  1. 高校も通信 ➡ 学力面が不安
  2. フリーター ➡ 経済面が不安
  3. 複業者 ➡ 時間の工面が不安
  4. 地方 ➡ スクーリングが不安

と、まさに不安だらけでした。

ぴょり

そんな私でも卒業できた、3つのポイントを中心にお話しします。

通信制大学の選び方

働きながら卒業を目指すなら、大学選びは重要です。

確認して欲しいのはこれです!

立地

できるだけ多くスクーリングに通えるよう、通信制と言えど大学は近い方がいいです。

特に地方在住の方は、スクーリング開催地に通うのが現実的に可能か考えましょう。

MEMO
大学の図書館が近いのもリポート作成時の資料探しをするのに便利です。

※通信制大学なのに、なぜスクーリングが重要かは後ほどお話しします。

卒業論文の有無

卒業論文は、大学や学部によっては書かなくても卒業できます。

卒業論文の執筆にはかなりの時間と労力を使います。

授業やリポートは問題なくこなして単位を積み重ねたが、卒業論文だけがネックという人は少なくありません。

卒論執筆にこだわりがなければ、卒業論文を書かなくてもいい大学や学部を選ぶのもひとつの手です。


通信制大学の単位取得方法

そもそも通信制大学の授業とは!?

私の通った大学は次の3つの授業形態を組み合わせて単位を取っていくシステムでした。

通信授業

「進研◯ミ」とか「ユー◯ャン」のような、よくある通信教育です。

教材を読んで勉強して、リポートにまとめて、試験を受ける流れです。

メリット
  1. 自分のペースでできる
  2. 自宅でできる
  3. いつでもできる
  4. 学費が安い
デメリット
  1. 取り組む強い意志が必要
  2. わからないことがあってもすぐに質問できない

 

スクーリング授業

普通の大学と同じような対面授業。教室で授業を受けます。

一斉授業の形式だったり演習だったり色々あるのでシラバスを見るだけでも面白いですよ!

メリット
  1. 社会人でも学生気分を味わえる
  2. 他の学生と情報交換できる
  3. わからないことはすぐに質問できる
デメリット
  1. 日程の調整が必要
  2. コストがかかる(スクーリング受講料は別料金のことが多い。交通費や、場合によっては宿泊費がかかる)

 

メディア授業

パソコンやタブレットで授業を視聴します。

メリット
  1. 通信授業よりもわかりやすい
  2. 開催中なら何度も視聴できる
  3. 試験もオンラインで受験できる
デメリット
  1. ネット環境が必要
  2. メディア受講料は別料金のことが多い

 

ぴょり

勉強の進め方についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい

通信制大学の授業って?単位が取れる勉強の進め方・レポートの書き方

 

単位取得の難易度

単位取得のしやすさは

スクーリング > メディア > 通信

です。

つまり、スクーリング授業を多く受講するほど卒業が近づきます。

先ほどお話しした「通信制大学選びで立地が重要」な理由に繋がります。

入学前に、どの授業形態で単位を取っていくかを考えておきましょう。

志望する大学が、通信生にどのような授業を用意しているか確認してください。


仕事との両立

受験勉強

通信制大学の入学試験は、申込用紙のようなものを送るだけです。

そのため、受験勉強もなかったので通信制高校卒業の私でも働きながら簡単に出願できました。

注意
ただし大学によって異なるので志望校が決まったら確認しましょう

 

時間の使い方

まとまった時間がとれる休日と、仕事がある日でも少しはとれるスキマ時間

この時間の使い方を工夫する必要があります。

大学の授業は、高校までのように暗記が要求されることは少ないです。

ある程度のインプットをしたら思考を巡らせ、リポートとしてアウトプットしていきます。

スキマ時間でできるのは「インプット」、時間がかかるのは「アウトプット」です。

うまく使い分けていきましょう。

まとめ

  • 卒業の難易度は、大学選びと単位取得方法で決まる
  • 通信制大学選びは立地が大事
  • 単位はできるだけスクーリングかメディアで取る

さあ、入学は簡単です。入学してしまえばやるしかないですよ!

ぴょり

まずは資料請求で情報収集をしてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい

通信制大学の授業って?単位が取れる勉強の進め方・レポートの書き方